顔の明るさで盛る方法

撮影

明るい顔の作り方

証明写真といえば、誰もが必ず一度は撮るものであるが、撮る時に気分良くとる人は少ないはずだ。なぜなら、証明写真とは自分の身分を他者に証明する際に必要な写真であり、かっこよく、美しく映ることを目的としていないため、綺麗に映ることが困難であるからだ。私自身も、証明写真を撮るときはいつも憂鬱であり、綺麗に映ったことなどなかった。しかし、何点か注意して撮影したところ、"盛って"映ることができたのだ。まず、顎を少し引いて映る。こうすることで、自然と上目遣いになり、ただ真っ直ぐカメラを見て映るよりも、目がぱっちりして人相がよくなる。次に、ギリギリまで、後ろに下がって映ることだ。目一杯下がることで、小顔効果が出る。画面の中に余白を作ることで周りの光を集めて映ることができるため、顔が明るく写り、印象がよくなる。続いて、目の下を明るくすることだ。女性なら、いつもより全体的にメイクを濃くして目の下を明るくするとなお良い。方法としては、コンシーラーでまずクマを隠して、ハイライトを目の下に三角形に入れるとよい。すると、目元が明るく見えるため、顔全体も明るくなり、さらなる印象UPに繋がる。男性でも手軽にできる方法であるため、おすすめである。最後に、白い布を膝の上に敷いて映ることだ。モデルや俳優が、撮影の際にレフを使用して、全体的に空間が明るくなるように撮影しているのを見たことがあるはずだ。白い布を膝の上に敷いて映ることで、顔に光を集めて映ることができるのだ。ここまですると、必ず顔が明るく写るため、最高に印象を上げることができるだろう。まとめると、印象の良い写真とは、「顔が明るく見える写真」だと言えるだろう。今回挙げた4つの方法は誰でもすぐにできる簡単な方法であるため、是非全て試して、次こそは"盛れる"証明写真を撮って欲しい。